blog

親子で脱毛サロンに通う未来を夢見て

若い頃、永久脱毛をしようと心に決めたものの、費用におののいて結局せずじまいで歳を重ねてしまいました。
幼いころから毛深く、コンプレックスだった私。
それなのにお金に負けてしまいました。

あれから数年経ち、年齢を重ねると確かに肌の露出は少なくなりますが、やはり出ようが出まいが、人が見ていようが見ていまいが気になります。
剃っても肌に負担がかかり、時にはヒリヒリとしてしまいます。激しい時には間違って切ってしまうこともあります。
毛抜きで抜くのも大変で、痛いし、私の場合は量が多いので疲れてしまうのです。

そのたびに、無理をしてでも昔永久脱毛しておけばよかったと後悔ばかりです。
そのムダ毛の悩みは、私だけでなく、今となっては小学生の娘にまで及んでいます。
私の体質を受け継いでしまったのか、腕や足、背中まで毛深いです。
まだまだ成長途中だしという気持ちもありますが、自分と同じ道を歩んではいけないと責任すら感じています。
まだ笑って「私毛深い」と言っていますが、年頃になると必ず悩みにかわってくると感じています。
私自身、脇の毛に悩んだ学生時代。シェーバーのようなものを親が購入してくれましたが、その当時の物は使いにくいし痛いしで、使用を断念しました。
親も私の悩みを理解しようとしてくれた、そして、私は娘が悩むその日が来たら共感することができます。
そしていつか、親子で脱毛サロンに通うことができたらと思います。
⇒⇒⇒http://xn--7st89xeobhw7bgk3a.net

人間にとって毛は必要なものだとは、頭では理解できています。
それでも、毛深くない人の肌を見てうらやましいと思うのはおかしくないはずです。
毛深い女に生れなければよかったなと思ったことも数多くあります。
けれど仕方ありません。
出来る限り綺麗でいたい、そう思ううちはまだまだ模索し続けたいと思います。

標準